地球とネットワーク

kubernetesを使いこなせばサイトの運用や管理もスムーズに

kubernetesでコンテナ運用を快適に

アプリケーションの開発や運用をする際に、必要となってくるコンテナですが、これらを一括で管理し運用してくれるのがkubernetesというソフトウェアです。kubernetesは、オープンソースソフトウェアの一種で、ソースコードが公開されており、無料で使用できるという特徴があります。開発や運用を行うアプリケーションの数が増えてくると、それぞれの更新や不具合の検知などが大変な作業になってしまいます。
一つ一つのアプリケーションやサイトに時間を割いていられませんし、人員が足りないという場合もあるでしょう。そういった問題も、kubernetesを導入すれば簡単に解決できます。kubernetesは、運用しているコンテナを全て自動で管理、および更新してくれるソフトウェアです。
それ以外にも、不具合が生じていればそれを見つけ出し、自動で修復してくれるという高い機能を有しています。また、これまでkubernetesを使用したことがないという人や、新規導入を検討されている企業のためにも、OSSの開発会社ではデモを用いて操作方法のアドバイスなどを行っています。kubernetesに興味をお持ちの場合は、ぜひ気軽にデモを活用してみてください。

kubernetesを導入するならデモを活用しよう

kubernetesは、オープンソースソフトウェアの一つで、複数のコンテナを一括管理することができるソフトです。オープンソースソフトウェアは、誰でも無償で自由に使用できるソフトウェアで、OSSとも表記されます。無償で使用できるだけでなく、ソフトのプログラムであるソースコードが公開されており、自由に改変や再配布も可能であるという非常にメリットの高い物です。
これからアプリやサイトを開発し、運営しようと考えておられるなら、ぜひkubernetesの導入を検討してみてください。複数のアプリやサイトを一度に効率よく運用するのはなかなか大変なことですが、kubernetesは更新はもちろん、不具合の修復まで全て自動で行ってくれるという高い機能を持ち合わせています。
これからkubernetesを導入されるなら、ぜひOSS開発の専門会社でまずはデモに触ってみましょう。操作方法が分からない場合でも、担当スタッフが指導をしてくれますし、中にはOSSに関するセミナーなどを行っているところもあります。基本的な操作方法がマスターできれば、自社で手掛けるアプリやサイトの運用や管理に応用することもスムーズになるはずです。

kubernetesであれば第三者が監査をすることができる

kubernetesは、コンテナ化したアプリケーションの管理を行うためのソフトです。誰でもソースコードを見ることができるだけでなく、改変なども認められたオープンソースソフトウェアという形で公開されています。そのため、そのまま使うだけでなく目的に合わせて加筆修正を加え、より使いやすい状態に改変をしていくことも可能です。
コンテナ化したアプリの管理などを行うためにkubernetesを利用するメリットが、ソフトの動作に関する監査ができることです。クローズドソースのソフトであれば、開発者など権限を持つ人しか動作などに関する監査を行うことができません。それに対し、OSSは開発者以外でも監査をすることが認められています。そのため、OSSを使えば動作に問題がないかの確認は勿論、不具合が発生した場合は個人で修正を加えていくこともできます。コンテナ化したアプリの管理を行う際に、使いやすく手を加えるだけでなく、ソフトの監査まで行いたいと考えているのであれば、OSSとしてソースコードを公開しているkubernetesの活用が有効です。kubernetesを上手く活用することで、様々な業務をスムーズに進めていくことができるようになるでしょう。

シーツの上のノートパソコン

Recent Contents

タイピングしているOL

kubernetesを利用する方法について

ライセンス無償で利用でき、ソースコードが公開されているため改変や配布も自由に行えるオープンソースソフトウェアですが…

商談しているフィギュア

kubernetesは気軽に利用できるOSS

誰でも自由に改変や修正ができて、商用などでも利用できるオープンソースソフトウェアには様々なものが用意されています。…

Post List